Artのダイアリー

小さなアーティスト

| 2011.5.02 | Art |

おえかきが好きなティーなのですが、まるや線ばかりかいていたのが最近、目や鼻や口そして顔の輪郭をかけるようになりました。 そして次に目に涙を付け加えて「かなしいねぇ」。 ひとつの絵に感情が生まれてそれを見たときは大きく感動するものがありました。 言葉の面でも会話のキャッチボールが楽しくなってきました。 でもたまに大きく投げてくるので、それを一生懸命にひろう私(汗) ペットボトルをしゃかしゃか振っては 「水がダンスしてるよ!」 Vの字になったふたつ屋根の教会を見ては 「わたしも2さいだよ、いっしょだね」 思いもつかない発想にどきりとしてしまいます。 最後に面を食らったのが朝からおなかがすいてがっつ…

タグ:

104 メリーゴーランド

| 2011.4.07 | Art |

ずっと行きたいと思っていたのに、なかなか行けなかった104(ギャラリーやイベント、こどもの遊べるスペース、本屋、カフェなどがあります)での期間限定メリーゴーランド。 このメリーゴーランドLe manège Carré Sénartはさながら舞台装置のような雰囲気で、乗り物も巨大水牛、上下に動く魚の頭!、昆虫たちとかなり個性的で ティーのビックリ喜ぶ顔を見たくて連れて行ったのですが精巧な作りに大泣きしてしまいました(汗) でもスタッフの人がとっても優しく、そんなティーを安心させようとたくさん声をかけていただきました。 François Delarozièreによって3年アイデアがあたためられ、そ…

タグ:

キツネ

| 2011.2.15 | Art |

自宅から程遠くないところに小さなギャラリーができました。 その中には幻想的なモノトーンのキツネの絵がいっぱいで、毎回足を止めてしまうほど綺麗なのです。(例えるならビョークのCDジャケットを飾ってしまいそうな雰囲気なのです) ある日、そのギャラリー近くを歩いていると 外野の建物の壁にそのキツネがいるではありませんか! 背景はマットな墨色で塗られ、巨大なキツネが今にも空に飛び立ちそうです。 その姿はあまりにもポエティックで、お金を払って美術館で観てもいいくらいそれくらい価値があるもので、いつまでも心に刻まれそうです。 小さなギャラリーにたたずんでいたキツネ。 次は近所の建物の壁に。 その次はもっと…

タグ:

ジャケ買い

| 2011.1.30 | Art |

ロンドンのスーパーで思わず、何の種類かも確認せず買い物かごに入れてしまったtwiningsの紅茶。 パッケージが魅力的だと、すーっとこんな具合に引寄せられます。 紅茶婦人(勝手にそう呼んでます)のドレスが紅茶色に染められ、何とも素敵で。 飲んでみて軽い口当たりのアールグレイだと発見。(するのが遅すぎますよね。。) 箱の中には一つづつパッケージと同じ婦人の絵が描かれた包みにくるまれていて、 ビリッと破るたびに とても贅沢な気持ちになるのです。 お茶を飲むときはゆっくりしたいし、そんな贅沢な気持ちはティータイムにピッタリ。 食べ物全般にそう感じたのですがイギリスのフードパッケージデザインはかなりか…

タグ:

バスキア

| 2010.11.11 | Art |

パリ近代美術館で開催されているジャン ミッシェル バスキア展に行ってきました。 最寄のイエナ駅を降りるやないやこの展示に行くであろう、ファッションピープルをキャッチ。 おしゃれな雰囲気が漂いましたが展示内容はかなり濃いものでした。 NY生まれだった生い立ちも手伝ってか英語圏の人たちも多く、とにかく老若男女の長蛇の列が! (行かれる方は平日の朝をおすすめします) 展示室でもすれちがう人が「ブラボー!」、「スゴイ!!」「最高!!!」のほめ言葉ばかりで、それにふさわしいすばらしい内容。 これはなんだかなぁ、、、と思うものも正直あったのですが、自分だったら思いつかないような大胆な色使い、 アフリカンプ…

タグ:

アートでいっぱいの夜☆

| 2010.10.04 | Art |

昨夜は年に一度催される、アートイベントや美術館を朝まで満喫できるnuit blanche(ニュイ ブランシュ)がありました。 今年は家の近所がけっこうメインの1つに入っていてビックリ! 人、人、人です。 さながら観光地になったようで、普段とは全く違った雰囲気でした。 いろんな国籍の人が入り混じりエネルギーみなぎっている地区なのですが、それに加え家族ずれや若者が加わり すごいことに!  そして肝心のアートイベントはスタンプラリーのごとく至る所で行われ、中には「???」なものも。 写真のインスタレーションは筒状になっていて その中を自由に歩けるのですが ストッキングや下着がぶらさがっていました。 …

タグ:

ラストシーン

| 2010.3.07 | Art |

大阪に住んでいる時、かなり嬉しかったのですがお笑い芸人はたまーに見ることがあっても、俳優、ましてや映画撮影現場に出合うことなどめったにありませんでした。 しかしここで挽回するように映画撮影にしばしば出くわすことに! わくわくしてテンション上がります☆ つい最近も近所で撮影がありました。 朝通りがけに知ったのですが夜の散歩時にようやく終了っぽい感じだったので、きっと1日がかりだったのでしょう。 スタッフや出演者が輪になってリーダーらしき人が演説していました。 今日は1日長い撮影だったけど、お疲れ様でした。みんなで団結していいものができて嬉しい、このメンバーで本当によかった、みたいなことを言ってし…

タグ:,

グラフィティ

| 2010.1.20 | Art |

壁への落書きからアートまでさまざまですがこちらではグラフィティがすごく盛んです。 ある時はメトロの車体に。 またある時はメトロが通るトンネルの奥深くに。 そしてまたある時はアパルトマンの最上階のそんなとこに、よくまぁ! と言いたくなる場所にまでほどこされていて、 まるでスリルな場所にたどり着いた印にも見えます。(笑) ユーモアなものからこれはアートだな、とうなずけるものもあるのですが 電車内やお店のシャッター、建物にかかれたものは社会への不満、悪意、いたずらに満ちていて殺伐としたものを感じて仕方ありません。 これは見ていて辛いし悲しいです。 そんな中、たまたま通りすぎたところに珍しく繊細なもの…

タグ:,

散歩

| 2009.12.29 | Art |

娘のティーが大きくなって公園に頻繁にいくようになりました。 パリはとても寒いのですが家の中にずっといるのも何なので少し外に出ることに。 たまたま歩いていたところに公園があったので入ってみましたら。 あ。 椅子がこんなところに! 写真には一脚しかうつっていないのですが、いろんないろの椅子が木にささっていました(?) 私の勝手な推測なのですが十月はじめに一晩中楽しめるアートイベントがあったので(美術館も夜中まであいていたり、野外でもビデオやインスタレーションが朝方まで楽しめたりします)それをまだ片付けていないんじゃないかと。。 私たちは日本出発前だったので残念ながらこのイベントを逃してしまったので…

タグ:,