カシスの旅 その2

| 2013.7.18 |  |

calanque.jpgカシスの名物と言えば、白ワインにブイヤベースなどの魚料理。(しかし悲しいかな観光地の為、人でにぎわっている港付近のレストランでは新鮮な魚料理は出していなさそうだったのでガイドなどでよ~く吟味されて行かれる事をおすすめします)


そしてカランクと呼ばれる断崖に囲まれた入り江が有名なのです。
氷河期後の地殻変動によってできた白い岩とエメラルドグリーンの海色のコントラストがとても奇麗でボートで9箇所の有名なカランクを訪れるクルーズにのりました。
(2時間で25ユーロ) 船上員さんがたっぷりのミネラルのおかげで岩から緑が茂っていることや、岩質が上等なので沢山の建築物はもちろん、パリのトロカレド広場に惹かれている床石やニューヨークの自由の女神像もここの石でつくられていることを力を込めて説明していました。

個人的にこのクルージングで気に入ったのは写真に写っている「カテドラル」と呼ばれているもの。風や雨で自然に大聖堂の形を作ってこの名称を付けられたようです。

ティーはすっかり退屈気味だったので9個以下の少ないカランク周りでも十分よかったのでは?と思いましたがせっかくここまで来たので満足です。

船から下りたら再びビーチでのんびりと。
実はここカシスで友だち夫妻が出会ったロマンチックな場所としての記憶があるのですが、夕暮れの海にウエディングドレスとスーツで入ってキスをしている新郎、新婦さんを見かけました!!

う~ん、この演出はにくい!
近くでティーも顔をまっかかに驚いている様子。

後ろ髪ひかれましたが小さな港町なので短いバカンスでもちょうどよく、次はマルセイユに出発です。


タグ: