2011年6月のダイアリー

カウントダウン

| 2011.6.22 | Voyage |

3年前の今頃。 出産を間直に控え、毎日もうすぐ産まれるのかな?なんてそわそわしていました。 大きなお腹をすりすりなでながら眺めていたのがピンクがかった夕暮れの空。 いまでもこんな空模様を見るとその当時の気持ちが鮮明に甦ってくるのです。 そんなことを振り返りながら、あんなに強烈に会いたかったベイビーが今自分の目の前にいるのですから本当に幸せなことですね^^ しかも、ものの3年で、あんなに小さくてほわほわしていたのに 今はすっかりプリンセスが大好きな(笑)お姉ちゃんになるのですからビックリです。 さて、あさってから夏休みで日本に帰ることにしました。 今回ははじめて二人での飛行機でキャンディ-とおも…

タグ:

おちびな古時計

| 2011.6.15 | Kids |

最近はこれにすごく癒されています。 アメリカのおもちゃブランド、フィッシャー プライス社のちいさな古時計。 イギリス製なのですが音楽の部分は日本で作られています。 ねじを回して流れてきたのは「大きなのっぽの古時計」! どうりで納得です。 しかも繰り返しがあの感動的なあのフレーズ。 「100年休まずににチクタク、チクタク。  おじいさんと一緒にチクタク、チクタク。  今はもう動かない その時計」 聞いていると不思議なことに時間が本当に止まっているかのよう。 思わずぼんやりしてしまいます。 歌の古時計は100歳でしたが、このおちびさんも1960年代に作られているので 半分の約50歳。 もし、あと5…

タグ:

パリ旅行

| 2011.6.11 | Paris, France |

10年以上会っていなかった友だちがパリに旅行できていました。 久しぶりの再会なのにそのブランクを感じなることなく、まるで最近まで会っていたかのよう。 おしゃべりに花が咲きました^^ でもでも、やっぱり時が物語っていたのはお菓子作りの好きな彼女が自分のお店「hoco」を東京の恵比寿に持ったこと! スゴイ!!Iちゃん。 手作りのスコーンはフランス菓子の強烈な甘さにすっかり慣れてしまった私にカウンターパンチ。 噛みしめるほどに素材の持つ甘さが引き出され、ジャムやクリームをつけなくてもいいくらいで本当に美味しかった。 ビスコッティも緑茶ケーキもしかりで、いつかお店に行きたいと思わせる逸品。 これを書き…

タグ:

不器用なお菓子

| 2011.6.05 | Yummy! |

普段めっきり料理をしなくなった夫ですが、思い立ったように「今からお菓子を焼く!」と。 それから台所に立って約一時間。 にぎやかな音が部屋中響き渡っていました(笑) 次第にバターのよい香りがぷぅんとしてきて、できあがったマフィン。 表面はマカロンのようにカリカリで、下は少し焦げていましたが本人は大満足そうでした。 ぶっきらぼうなマフィンですが焼きたてはなかなかで、家庭で作る優しい味。 見た目も味も美しいお菓子も好きですが、多少不器用でも作り手の個性が思いっきり見えるもののほうが微笑ましくほっとするような気がします。 こどもの頃にはじめて作ったお菓子をを彷彿させました。 材料の他にワクワク、ルンル…

タグ:

発表会 おまけ編

| 2011.6.01 | Paris, France |

発表会の演目も一通り終わって休憩時間に入りました。 いくつかの教室で展示をしてると言うので見に行ったり、日本の家族に学校の様子を見せたいと写真を撮ったり、いろんなところをウロウロ。 漂流しながら着いたのはさきほど見事なダンスを披露してくれたこどもたちのクラスでした。 まだ覚めやらぬ興奮と感動を先生と生徒が分かち合おうという時。 夫が「入ってもいいですか?」 先生「もちろん」 内心、わたしはみんなの邪魔をしているようでいたたまれなく一刻も早く出て行きたかったのですが 夫が引き続き「家族に見せたいのでクラスの風景を撮ってもいいですか?」 それに対し先生がまさかの「いいですよ」の許可が。 えー! こ…

タグ: