2011年2月のダイアリー

画集のような絵本

| 2011.2.27 | Chidren's Books |

置くものひとつでインテリアがガラリと変わることがありますが、、、 我が家ではそれが1冊の絵本だったりします。 2部屋の小さなアパルトマンに住んでいるので必然的にリビングが子供部屋化し、おもちゃであふれかえっています。 以前はこどもにはシンプルであきのこない木のおもちゃなどが最低限あれば、、、と思っていたのですが親戚からおさがりでもらったり夫が勝手に買ってきたりと思うようにはいきません。 キャラクター大集合で、時々辟易してしまうのですがそんな問題を解消してくれた1冊が「mille milliards de familles/作者 mary ann hoberman  イラスト marc bout…

タグ:

爽やかな風

| 2011.2.25 | Voyage |

親子で仲良しのMさんからフィンランドのおみやげをいただきました♪ ムーミンのTシャツにコースター、ムーミンファミリーのビスケット。 チョコレートの詰め合わせまでも! 袋までとってもかわいい☆ 異国からのおみやげはインスピレーションをかき立てられます。 じつは以前、夫がフィンランドでトラブってしまった事があり、今でも良く思っていない様子なので家族ではきっと行けない所なんだろうなぁと思うと余計に旅の想いは募り、、、 だから今回のおみやげは大いにフィンランドの風を感じることができました。 Mさん、メルシーです!…

タグ:

お姉さんがスキ

| 2011.2.16 | Yummy! |

留学当初、スイスの近くにあるアヌシーというそれはそれは湖の綺麗な、空気まで透明感があって町並みも絵本にでてきそうなところに住んでいました。 それがかれこれ7年以上前になるのですが、この時はぐくまれた友情は今でも続いて、先日久しぶりにアヌシーの会が我が家で行われることに。 パリに住んでライターとして活躍しているTちゃん。 今は東京に住んでいるのですが、当時と全く変わらなくて嬉しくなってしまったHちゃん。 そのHちゃんのお友達ではじめて会ったにもかかわらず、以前から知っていたような錯覚に陥ってしまったMちゃん。 楽しいひと時にティーも大コーフン! 彼女が一番楽しんでいたんじゃないかしら?と思うくら…

タグ:

キツネ

| 2011.2.15 | Art |

自宅から程遠くないところに小さなギャラリーができました。 その中には幻想的なモノトーンのキツネの絵がいっぱいで、毎回足を止めてしまうほど綺麗なのです。(例えるならビョークのCDジャケットを飾ってしまいそうな雰囲気なのです) ある日、そのギャラリー近くを歩いていると 外野の建物の壁にそのキツネがいるではありませんか! 背景はマットな墨色で塗られ、巨大なキツネが今にも空に飛び立ちそうです。 その姿はあまりにもポエティックで、お金を払って美術館で観てもいいくらいそれくらい価値があるもので、いつまでも心に刻まれそうです。 小さなギャラリーにたたずんでいたキツネ。 次は近所の建物の壁に。 その次はもっと…

タグ:

ヴァレンタイン

| 2011.2.12 | Paris, France |

今まであまり気づかなかっただけなのかわかりませんが、今年はやたらにヴァレンタインの商戦とういか熱気を感じます。 この日は男性が女性に花束かささやかな贈り物を渡す、ひっそりとロマンティックな印象だったのですが、ブティックではヴァレンタイン用のプレゼントが堂々と鎮座し、チョコレート屋さんでもこれまた力が入った恋人へのチョコがウィンドーを独占。 派手な盛り上がりに少しびっくりしてしまいました。 とはいえ、去年は夫にプレゼントをもらったので今年は日本風に私からチョコを贈る事に。 ジャンポールエヴァンでいろんなセットになっているものを購入しました。 早くヴァレンタインの日にならないかなぁ。 実は夫のため…

タグ:

別の名をFIFI

| 2011.2.05 | Chidren's Books |

朝から晩までティーのイタズラがとまらない、、、 わたしがシャワーに入っている間に電気を消してどこかに行ったり、こっそりトイレに入ってティッシュペーパーで遊んでいたり。 一時はのどが渇いたと言うので牛乳をあげたら、わざと床にひっくりかえすのを止めなくて大変でした。 イタズラの連続にイライラしていたのですが、ある日ついにガラス戸を割ってしまい。。 無傷で胸をなでおろしたものの、これにはさすがにバクハツしてしまいました!! その時思わず頭をよぎったのが「長くつ下のピッピ」。 馬も持ち上げてしまう怖いもの知らずのわんぱくな女の子が主人公でこれはティーもぴったり。 フランス語でPIPIはおしっこを意味し…

タグ: